レトロな遊園地

この写真、30年前のではありません。昨日近所で毎年やっている「桜まつり」に行って撮ってきました。毎年思うのだけれど、何十年も前に見たような遊園地(?)です。これって“レトロ”って言えるのかなあ?子供や中高生もそれなりに楽しんでいるし、このテクニックの時代にいい意味でホッとできるのかもしれません。売っているものは日本の縁日で見るものと同じ、綿菓子、リンゴ飴、バナナチョコレート、クレープなどです。もちろん、ドイツで欠かせないソーセージにビールもあります!

今年は4月に入っても雪が降ったり寒い日が続いていましたが、やっと昨日気温が10度になりました。しかし、写真の木々を見てもとても春には見えませんね。夕方からは、仮設ステージでライブバンドの演奏もあったり結構盛り上がります。あっそうそう、UFOキャッチャー(日本のメーカーの名前がそのままついています。)の古ーいのがたくさんありました。景品は見たくもないほどのくだらないものですが、大人が真面目にやっていたりします。

Comments are closed.