Archives for September2018

バウハウスホテル

久しぶりにブログに載せるにふさわしい(?)テーマにしました。8月にテューリンゲン州にあるバウハウスホテルに行ってきました。旧東ドイツの街はいままでも訪れたことがあったのでなんとなくイメージはありました。着くまでの道のりはテューリンゲンの森の中を走って結構気持ちが良かったです。ちょっと日本の温泉のある山間に似ています。さて、このホテルのあるProbstzellaという町(村?)に入ると想像はしていましたがかなり寂れていました。その中心にドーンと建っているのがバウハウスホテル。元の名前をHaus des Volkes と言い、日本語に直訳すると「人々の家」。この建物は1925 から1927にかけてカルチャーセンターとして建てられたのですが、第二次世界大戦の後、東ドイツとなったこの場所で国や町の催事や集会に使われていたそうです。

 

 

 

 

 

 

 

さて、デザインの話です。ホテルに改修されたとき丁寧にバウハウス様式に配慮をしたようで、あらゆるところに“ドイツデザイン”を見ることができます。ドイツのデザインは、はっきり言って“いいなあ”と思えるものが少ないのですが、ここでは色の使い方、直線、曲線の使い方、そしてタイポグラフィーの効果、久しぶりに感動しました。

 

照明や建具もできるだけオリジナルを再現したと見えて建物の中にいるとタイムスリップしたように感じます。

 

 

 

 

ただ、場所柄なのか客が少なく私が泊まった時も5組ぐらいしかいませんでした。週末はもう少し多いそうですが、少し残念な気がします。

 

近くに大きな駅があるので電車で来ることもできますが、その古い駅の中には「国境博物館」が入っていて、ドイツ人にとってはあまり興味がわかない場所なのかもしれません。きっと訪ねる人の多くは建築やデザインに興味がある人なのでしょう。

余談ですが、ここには小さなボーリングレーンがあります。ボーリングのピンが上から吊るされていて倒れると人形が起き上がるように引き上げられます。実際やってみましたが、結構本格的に遊べます。ノスタルジックな気分に味わいたい方にはお勧めです。