Archives for August2013

旧東ドイツ建築

週末に郊外の旧東ドイツ地区(東ベルリン地区だったところ)に行ってきました。そうしたらまだありました!こういう東時代の建築物。ちなみに、この建物は当時の映画館です。集合住宅地の中に映画館があるなんて、楽しそう…と一瞬思いましたけれど、きっと上映されていた映画は、ほとんどが共産主義傾向のものだったんだろうなあと思って、複雑な気持ちになりました。それに、正面玄関にこんな銅像↓が立っていたら、かなり威圧的です。ドイツ人にこの時代のものについてどう思うか(デザインとか雰囲気とか)尋ねると、あまりポジティブなことは聞けません。

でも、この国の歴史を経験していない私のような者から見ると、なかなか面白いと思えるところもあります。デザイン的にも、悪くないんじゃあない?と思うこともたまにあります。

場所は湖があって、緑があって本来は良い所なんだとは思いますが、古い旧東ドイツのこういう建物が手も入れられずに取り残されているところなので、もちろん人気もありません。だから家賃なんか2部屋で2万円ぐらいです。

 

グラフティの技

電車のホームから何気なく向かいの建物に書かれている落書きを見ていたら、あれれ・・・。あの絵ってどうやって描いたんだ?絵の下に足跡(靴跡)まである。…ということは屋根の上から、ロープで逆さづりになって描いたってこと?ついでに靴にペンキを付けて壁の上を歩いたってこと?すごい技です。思わず写真を撮ってしまいました。でも命懸けてやることではないよなあ。ここの場所はベルリンでもマルチカルチャーと言われている地区にありますがが、この破れかけたポスターが絶妙にこの地区を物語っています。

ベルリンのカフェ ・5

久しぶりにブログをアップするにあたり、写真を選んでいたら、ありました。おいしくて素敵なカフェ。ここは、ルクセンブルグ系のカフェですが、ブリオッシュもあるし、クグロフもあります。フランスの食べ物と近いです。日本でも最近このようなカフェが見られますが、ディスプレイに使っている商品がきちんとしすぎていて、なんかこう自然でなかったりしますが、これはディスプレイというか売る目的で並べてあるので自然です。・・・私もつい買ってしまいました。この球状のランプが本当にマッチしていて、質素だけれど店主のセンスがあちこちにみられるお店です。

 

この日はとても暑かったので、お店の人に“何か冷たい食べ物は?”と聞くと勧めてくれたのが、鴨の肉をパイ生地で巻き、焼いた後冷やしたものと、ジュレ状のドレッシングがかかったシンプルなサラダです。美味しかった~!